FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このようなことを言われて萎縮する必要全くナシ!

今日は朝からずっと雨、今も降り続いています。

ふと、メールの受信に気付き開けてみたところ、
先日、紹介をした太田医療夜間ブログの笠原さんから
ブログ上書き込みがあったことほ知らせる自動送信
メールでした。

見学実習を経て、臨床スタッフサイドからのコメント
の中に、「色々な事に気がつくのは良い事だけれど
中にはそれが鼻につくという先生も中にはいらっしゃるのも確か」
とのお話がありました。

との下りを読んで・・・。

医療現場、それ以外の現場の別なく、人にはそれぞれ
人としての到達度の違いがあります。

人として未熟な者は、自分よりも下から上がってくる者に
対して、「温かいまなざし」というものを持ちにくいようです。

言葉遣いに問題があるとか、言ってはならないことを口
にしたのであればともかくも、積極性に対し、それが
鼻につくなどということは指導者側にあってはならないことです。

間違っても萎縮することなく、これにめげることなく今後とも
積極性をもって、笠原さんはじめReal PT成会メンバーには
取り組んで欲しいと思います。

臨床実習現場で「うるさい」と言われるならば
その人は「Real PTS」としての証、と私は本会主宰として
太鼓判を押します。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

返信ありがとうございました。
御指導頂いた内容も私は好意的に受け止めたつもりです。
そういう指導者もいらっしゃるのも事実なので次に続く実習でも気にせずに頑張ってというニュアンスで受け止めました。
夜間の学生は「挨拶」「気遣い」「言葉使い」「礼儀」など出来て当たり前の事が出来ないと昼間部の学生異常に厳しく指導されるのは当然の事で、今回の見学実習はその所は一番気をつかった部分です。
ですが、評価・臨床実習ではそれだけでは乗り切れないと思いますので知識を身につけていきたいと思います。今回の実習では、解剖・生理学を机上の勉強として覚えるのではなく疾患と繋げた知識とする事の必要性をとても強く感じましたし、一番指導された部分です。
今後とも前向きに、RealPT目指していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。 笠原真理子
プロフィール

亮然

Author:亮然
ここに集う各自が、Realセラピストとして、現場でクライアントの為に貢献すること、ひいてはよりよい生き方の実現に向けて、共に智恵を分かち合う場を主宰しています。

『Real PT』定義
クライアント、職場、社会から認められる プロフェショナル理学療法士。 その進化発展過程は相互礼拝、相互扶助、自利利他円満 の精神に基づく。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。