スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイズ的出題についての解説

直接、専門的な勉強につながる内容ではないのでトライアルは
通常の勉強が終了した後に限るというメール指示もあってのこと。

各自、自分の状況を客観視し判断した上でのトライアル、
非トライアルでした。

実は私が実施した理由の深いものについては、たかだかこの程度
の飛び入りクイズ課題への対処など、難無く参加できる、という
日々の状況を創り出せているか? を確認する意図
もありました。

決して黒潮医療と太田医療で張り合う必要などありませんが
それぞれの参加者数について報告すれば前者が七名、後者が
二名でした。

中には夜のバイト終了後に参加した人、ゆとりを作れない
自身の状況ゆえ参加は辞退させていただきます、という
報告メールを送ってきた人も含まれています。

尚、飛び入りにて(?)、RPT・山浦先生、本校の大先生の参加
もありました。

ここで一部、バラしますが、二名の先生方は善戦空しく
共にハズレでした。

こういったクイズ課題については明らかにPTS諸君に勢い
のような、センスの良さのようなものを感じたところでした。

正解を出したか? クイズに参加したか?以前に、普段同様
に自身の存在をアピールしたか?がポイントと言えます。

実は、「自己重要性」の認識に個人差があることがわかります。

実際に「Real PT成会」自体がそこでコミュニケーション
を成立させている場はネット上、電脳世界上です。

直接に全員が一同に介することが最も理想的とはいえ、
それより何より日々、タイムリーに可能であるのが
この電脳上のこと。

それゆえに、リアル上のコミュニケーションとは違った
スタンスが必要となります。

決して自意識過剰とは違って、自身のスタンスの取り方
として最低限の露出度を保っておくことは重要
です。

リアル上の癖そのままに、レスポンスが無い人というのは
この電脳世界の上では確実に存在を忘れられていきます。

昨日の課題はたかがクイズのようなものでした。

そのたかがクイズようのものであってもトライした人
にとってはまさに私にも予想しようもなかった果実を
得るシーンが散見されました。

そして、再度この場でフィードバックすることにより
改めて本会メンバー間での体験共有というマルチ構造も
本会システムの目玉
であると自負しています。

以下、先だってのメール課題の解答に該当するブログ
「つるぎ海軍工廠日記」の主、河野先生から以下のような
メッセージメールを頂きました。





鷲谷 渉先生 御侍史

お仕事お疲れ様です。

朝からの雨もやっとやんで、日差しが見えてきました。
湿度が高くムシムシしております。

学生さんたちのプロファイリングなコメント
(推測や根拠)、興味深く拝読させて頂きました。

ちなみに、わたくしのブログのアドレスURLに
quadricepsとあるのですが、このあたりからの
推測はみあたりませんでしたね(笑)

わたくしの理学の理もないマニアックブロクが、
先生のブログに生かされた事を嬉しく思う
と同時に感謝しております。

ありがとうございました。

学生さんがわたくしのブログ内コメントより、”五感”
というフレーズから理学療法士であると推測された事、
スゴイ事だと思いました。

理学療法士にとって五感を研ぎすます、そして五感を
駆使してアセスメントして科学的に治療を行う。

理学療法を行うための必要不可欠な感覚ですよね。

それを指導されている先生、そして、それをちゃんと
フィードバックして学習されている学生さんは立派です。
先生のもと勉強されている学生さんはきっと、良い理学療法士
になるだろうなあと思いました。

”五感”を根拠に挙げた学生さんによろしくお伝えください。

失礼します。


追記
「ラジコン飛行機やヘリは強風や風向きを先に読んで4つの
舵を打ち、演技をピッたっと決めたり、美しく着陸させるのは
おもしろいですよと、先生にラジコンを誘ってみるテスト。


DVC00049.jpg
高尚な、オトナのアソビ。ねた先生、わが心へのファシリテートを、ありがとうございます。
時空を超えて・・・、「回せ、回せ、ペラ、回せー! コンタクトー!」




つづいて、
ブログ「happy wine」の主であるyou1_777さんからTwitter上
にてコメントがありました。




皆さんのレスポンスメール拝見させて頂きました。
お忙しい方はきちんと辞退のメールを送られていたり、
強固な繋がりを感じますね すごい!

本当に素晴らしい~ 貴会の益々のご発展を願っております。



実社会の最前線に日々、立っている方々から頂いたコメント
実に貴重です。

日々、決して甘くはない、ラクではない指導に対し
これまでの指導に対する「素直さ」「謙虚さ」「積極性」
といった基本要素を忘れることなく取り組んでいる姿勢は
まさに「Real PTS」としての証といってよいでしょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

亮然

Author:亮然
ここに集う各自が、Realセラピストとして、現場でクライアントの為に貢献すること、ひいてはよりよい生き方の実現に向けて、共に智恵を分かち合う場を主宰しています。

『Real PT』定義
クライアント、職場、社会から認められる プロフェショナル理学療法士。 その進化発展過程は相互礼拝、相互扶助、自利利他円満 の精神に基づく。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。