スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強! 「Real PT成会」式・今日的生徒指導

リンク先ブログの一つ「ハレ・オハナ」の坂本律子先生
から以下のメールを頂きました。






ブログ上での学生さんの解答を拝見し、感心しております。

私が学生ならば、「こういう課題にどんな意味があるのですか?」
と、必ず噛みついていると思いますが、

そういうネガティブな方はいらっしゃらないのですね(^O^)

さらに、コメントに解答が隠れているとは、意外でした。

分かっていても、「どこに書いてある」まで探すのは、大変ですね。

次の課題を楽しみにしています。

私のブログも、徐々に路線変更していく予定です。

学生さんには聞かせられない、あんなことやこんなこと
……はないと思います(^^ゞ

どう変わるのかに気付いてもらえたら嬉しいな、と思います。


ハレ・オハナ 坂本律子






[鷲谷R]

いわゆるゴタクを並べてくるPTSというのは現在の国内の
養成校内に、それなりの数存在していることと思います。
(私自身がPTSであった時代は周囲には、ほぼ皆無でしたが・・)

PTTサイドにとっては何故、このような課題を出すのか?
の意味についての事前説明が必要であることはもとよりですが、
直接指導中のPTSについては過去・現在の別なく
素心の意義」について伝えて来ました。

直接のきっかけは、現実に臨床実習が不可となるPTS
の発生防止対策にありました。

何よりも実習が不可になるPTSというのはある意味当然のこと
ながら、特別対策を打たない限り、それ以降も同じ結果を繰り返す
傾向にある訳で、最終学年にまで進級しておきながら、
そのまま退学という悲惨な(少なくとも私には送思える)事例を
それなりに見てきました。

養成過程の中でも最もハードとなる臨床実習が最低でも、不可と
ならない為の心得の幾つかの筆頭にこの「素心であること」
を挙げて来ました。

それは実習不可となったPTSの人物像を分析すれば明白でした。

基礎知識の欠落によるという事例もあるものの、それ以上に
多い原因がこの「素心」の欠落によるものでした。

臨床実習に出る以前に、学内でも、またそれ以前の家庭生活上や
手前の学生時代においても、指導に対し不平態度を示したり何かと
ネガティブ意見を出すといった、本人の「学び人としての基本姿勢
に問題がある場合、というのが典型的火だるまパターンとして確認
できていました。

PTSとして、臨床実習の場は相手がクライアントであれ、現場
スタッフであれ、人間であることは共通事項であって、そういった
人達からの印象が、臨床実習の合否に大きく影響する
ことは関係者の誰しもが否みようのない事実です。

「こやつ(PTS)はバカだけど、勉強不足だけど、この
前向きな姿勢、人柄の良さがあれば今後、臨床に立つ中で
伸びていくな
」という確信のようなものがあって、しぶしぶ
ながらも(?)合格判定を出してきたスーパーバイザーは決して
少なくないはずです。

今日に至るまでこの業界内では、その良いか悪いかは別としても
現実に成立してきた事実があります。

そしてこの「素心」のススメは単に目先のテクニックとして
ではそのメッキは容易にはげる、ということも伝えてあります。

表面でつくろったり、おべんちゃら言ったとしても本心は「目」
に顕れる、正しい言葉遣いをして来なかった者が急にそういう
ことをするとボロが出る
、といった警告も終えています。

日々、「ホウレンソウ」の実践については、その理屈を知っている
かどうか以上に重視して指導してきました。

このブログ上でPTSからのレスポンスの全てを紹介することは
できていませんが、ここに名前の挙がってくるPTS、もしくは
実際に毎度そのアクションを起こし続けているPTSについては
私は心配していません。

そして、彼らから必要とされる限り、タイムリーに
「組み手稽古」をつけるのみです。

全く難しい稽古をつけてはいません。

本気など出そうものなら彼らは殆ど運動を停止してしまうくらい
のPTSが圧倒的に多いからです。

私がこれまでに見てきたどの学校であっても、ブレーキをかけずに
対応しても大丈夫、という者は二割以内、というのが実感です。

そういう意味では日々、比較的無理なく対応しているからこそ
「継続」できている「Real PT成会」指導なのかもしれません。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

亮然

Author:亮然
ここに集う各自が、Realセラピストとして、現場でクライアントの為に貢献すること、ひいてはよりよい生き方の実現に向けて、共に智恵を分かち合う場を主宰しています。

『Real PT』定義
クライアント、職場、社会から認められる プロフェショナル理学療法士。 その進化発展過程は相互礼拝、相互扶助、自利利他円満 の精神に基づく。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。