スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解答の正否よりも思考アタック頻度

当ブログのリンク先である「つるぎ海軍工廠日記」の
ねた先生から以下のようなメッセージを頂きました。




設問にセレクトしていただきありがとうございます。
学生さんの回答が正解、不正解にせよ考えることは
大切
だな~あと、思いました。

特に、教科書とおりの疾患に対する治療方法だけでなく、
様々な臨床症状や障害に対する治療方法を、”自分自身で
手段を考える力
”が、きっと学生さんたちに付いて
いくんだろうなあ~と思いました。



[鷲谷R]

まさしくそうです。

正解、不正解の別なく、「考える」行程を実際一つでも
多く実践
していることは、当のPTSにとっては非常に
重要なトレーニングと考えております。

講義中もとにかく、いかに質問を"雨あられ"と降らせるか?
"掛け合い"を行うか、をポイントとしています。

安易に「教えない」ことをモットーとして前任校の頃から
取り組んできました。

当時の同僚の先生曰く「まるで連想ゲームのような
掛け合い」とのことでした。

PTTになりたての頃、昨今の養成校内での悲劇的実体を
幾つも目の当たりにしてきたことが原点となっているかと
思います。

断片的知識をハンパにつけて、それでわかった気に
なっているPTS達の姿は、先の大戦時に、ようやく離陸
だけはでき、そこそこ飛べるくらいにはなった搭乗員を
いきなり戦場に投入するシーンとオーバーラップしました。

そういうあり方についてはまさに「冗談ではない!」の
一言であり、今、こうして実践中のネット環境、各自が
IT機器を投じての補完学習スタイルも対策の一つとして
存在しています。

当初は私一人でスタートしましたが、同僚をはじめ、日々
タイムリーにこのブログ上に名前の挙がってくる先生方の
参画に伴って、更にPTS諸君は質、量ともに充実した
コンテンツを得ることができていることは
喜ばしい限りです。




以下のメールは昨日、臨床実習中のPTSから
寄せられた久々の報告メールです。




Sent: Wednesday, June 02, 2010 8:02 PM
Subject: 黒潮医療PTS3 年田島総司

> おつかれさまです
初日以降、連絡をできていませんでした

> 今は評価の中のADLとIADLをさらに深く
 掘る作業に取り組んでいます

> 取り組んでいると言うよりは苦しんでいますが・・・
自分のためになると信じ全力でこなしていきます

> 実習に出て感じていることは、コミュニケーションは
取れて当たり前、知識はあって当たり前、
評価は出来て当たり前だということです。

> 今では気持ちは実習生としてではなく、現場で
働き始めた新人として頑張っています。

> 簡単ですが以上で報告とさせていただきます。
>
> 黒潮医療PTS3年 田島総司






[鷲谷R]

ついに、その後の第一号報告として来たね。

PTS自ら表出するのは実に珍しい、自己に厳しい
コメントとして受け取り、頼もしい限り。

全国の臨床実習中PTSの中でも全く遜色ない。

その苦しみは意義のあるものであり、その分が自身
の血肉化していること間違いない。

「来年四月からの臨床を意識しての今、目の前の臨床実習」
というアドバイスも活かしていることもまた見事。

貪欲の上にも貪欲に経験を積み上げて帰ってくること
楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

亮然

Author:亮然
ここに集う各自が、Realセラピストとして、現場でクライアントの為に貢献すること、ひいてはよりよい生き方の実現に向けて、共に智恵を分かち合う場を主宰しています。

『Real PT』定義
クライアント、職場、社会から認められる プロフェショナル理学療法士。 その進化発展過程は相互礼拝、相互扶助、自利利他円満 の精神に基づく。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。