FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知恵のお裾分けに感謝

当「Real PT成会」ブログは暫く前のリニューアルを機
に、業界関係者の方々のブログとのリンクが増えました。

PTS諸君にとっては、私一人から発信される情報とは
比較にならないくらい質、量ともに幸運な情報と出会うこと
ができます。

当ブログは「Real PTS」の皆にとって、その歩みを加速
させるポータルサイトとしても存在しています。

ここを入り口として各自、リンク先ブログも訪問し、
臨床経験、更には社会経験の不足分を補っておくことで
来るべき決戦の日に備えて下さい。

以下は、昨今のリンク先ブログ上で、私が興味を惹かれた
記事についての一部を抜粋したものです。

是非、実際に訪問し本文そのものを読んでみることを
お勧めします。

今回も意図的にブログ名は記載しません。
Real PTSの皆は、以下を一読しただけで、
「ああ、あの先生のブログね」と確認できるでしょう。





○リハビリの意味を理解して、指導に従って積極的に
参加したり、つらい場面を頑張ったりすることができないとき、
理学療法士はいろいろな工夫が必要になります。

そんなとき、多趣味だったり、いろいろ回り道を経験して
きたりしていて、引き出しをいっぱい持っていると
結構役に立ちます。



[鷲谷R]→日頃、私もPTS諸君に伝えていることそのもの
     でもあります。専門科目の勉強以外にも重要
     なことです。




○固定されて固くなった足を少しずつ動かしていき、
痛いところまでくると口を「パァー」と開かれるので、
「あー、ここから痛いんだな。」と知ることができました。

そのときの口の開きかたが、あの解剖実習で見たカエル
の口の開きかたにそっくりでした。 

 おしゃべりな私は彼女に、学生時代のカエルの解剖の話
をしてしまったのですが、それ以来彼女は痛くても口を
開いてくれなくなってしまいました。

 黙っていればよかったのに、私は患者さんが発する
痛いときのサインをキャッチする機会を一つ失って
しまったのでした。



[鷲谷R]→思わず笑いが出てしまうユーモア一杯の記述が
     多いのが板東先生のブログの一つの特徴です。
     クライアントが女性であったことが尚、その
     シーンが浮かんできてウケてしまいました。 




○この判定方法がまったく信用できなくなるような患者さん
に遭遇したことがあります。

ある高齢の女性の患者さんに固くなった関節の曲げ伸ばしの
リハビリをおこなったときのことです。

関節を曲げていきながら、「一番痛いのを10とすると
これはいくつくらい?」と聞いたところ、
「百、二百、千、一万」と矢継ぎ早に答えるのです。



[鷲谷R]→これも思わず、笑いが出てしまう記事です。
この高齢のクライアント様は防戦の為のとんち
が効いているのではないでしょうか?
尚、この判定方法とはPTS諸君はああ、T&Mの
一つであるアレね、と理解できているものと思います。





○しゃっくりは肺と胃のあいだにある横隔膜という筋肉の
けいれんなので、私は上記の手足などのけいれんを止める
ときと同じ考え方で止めています。



[鷲谷R]→なるほど、解決アプローチがいかにも理学療法士
     らしさが出ているところです。
     方法については各自、ブログ本文中にて確認のこと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

亮然

Author:亮然
ここに集う各自が、Realセラピストとして、現場でクライアントの為に貢献すること、ひいてはよりよい生き方の実現に向けて、共に智恵を分かち合う場を主宰しています。

『Real PT』定義
クライアント、職場、社会から認められる プロフェショナル理学療法士。 その進化発展過程は相互礼拝、相互扶助、自利利他円満 の精神に基づく。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。