FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即ち、「理論」と「実践」を両輪の如く進めていくこと

昨今ではTwitterやブログ、以前ならばメルマガ
そして普通にWeb site、更には本、雑誌と情報の
入ってくる間口は格段に増えている。

そして、有用な情報はその他多くのジャンク(?)情報
の中に埋もれているのが常であり、一旦は自分の
フィルタを通す必要がある。

アフリカにおける金やダイヤモンドの採掘と同じで
目的物を獲得する為にはその何ケタ倍も多くを
フィルタリングする必要がある。

この作業にはそれなりの時間と労力を要するので
気付くと没入していることがある。

今、何らかのアウトプットすべき対象の準備の為
という訳ではないが私は毎日、呼吸するが如く
それらの情報を一旦、取り込んでいる。

正直、私はこの作業自体は好きとはいえない。

孤独な作業であることは我慢すればよいとしても、
何より眼精疲労、肩こり、腰痛、運動不足について
は納得することはできていない。

新しいことを「学ぶ喜び」がないでもないが
気持ちゼイタクな私としては、それでは満足しない。


では、一体どういうことなら納得できるのか?
改めて確認し直してみた。

その結果、
得た知識、知恵が消化され、ハイブリッドとして
自他共にそれぞれが日々タイムリーに直面する
「課題」の解決に繋がった場合
がそうで
あることに気付いた。


日々のインプット作業は実に地味かつ楽しいものではない。

しかし、教壇に立つ立場の者、学生指導に携わる者
として避けては通れない「仕込み」であるとわかる。

野球やサッカー選手と同じく、プロとして必要な
パフォーマンスを遂行する上で日々、トレーニングを
必要としていることと何ら変わりはない。

先週から特に力点を置き始めた学科を超えての
本校生徒に対する「コーチ&コンサル(鷲谷・造語)」
のセッションを終了後に実に地味ながら、
この日々の仕込みと熟成の成果を最も実感できる。


文字情報から学ぶものと、実際のケースから学ぶものと
あたかも車の両輪の如く大切であること。

即ち、
「理論」と「実践」を両輪の如く進めていくこと
の重要性
を改めて確認した。

このことは我が師「蒼海和尚」から随分以前に教えられた
ことでもある。
            ↑私が指導を受けた、又、受けているお寺です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

亮然

Author:亮然
ここに集う各自が、Realセラピストとして、現場でクライアントの為に貢献すること、ひいてはよりよい生き方の実現に向けて、共に智恵を分かち合う場を主宰しています。

『Real PT』定義
クライアント、職場、社会から認められる プロフェショナル理学療法士。 その進化発展過程は相互礼拝、相互扶助、自利利他円満 の精神に基づく。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。