FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしかして、ネット上「傾聴」テクニック?

本日は、昨日頂いたコメントに対する返信です。


今や大先生の方がアツくなっているようですが(笑)

イヤミでも何でもなく、正直、今やPTS諸君からの
リアクションについては私は期待はしておりません。
(隠さず、言います)

当初、本ブログは私単独からの情報発信でしたが
先のリニューアル以降、他の先生方のブログともリンク
を強化させて頂きました。

これは、私自身の為というよりは何よりPTS諸君にとって
有意義と考えたからでした。

また、この背景についての説明も本ブログ上にて行い
ました。

その後、私もリンク先のブログ訪問を行う中で、益々
その有益性、有り難さを痛感して来ました。

学校の講義内では知りようもないこと、教科書には載って
いない内容について先生方の臨床経験をお裾分け頂けること

の意義についても書きました。

しかし、私が期待していたほどの反応は見られず、
ある意味、他の先生方に対しても申し訳ないような気持ち
にさえなりました。

その記事一つを書くのにチョチョイのチョイ、で
僅か五分以内ででも書けるものならばともかくも、
それぞれの立場で工夫し時間を捻出して頂いているというのに
PTSからはノーレスポンス。

そういったことは、実態が、記事に触れていないことは
PTS本人にとって実にモッタイナイことであるだけでなく、
情報発信者に対し「失礼」
であることに何より憤りを感じます。

無反応とは、「何も不都合は生まない」ものではありません。
体験の、知恵のお裾分けを行っている人に対しての無反応とは
「別にどうってことはない」「あってもなくてもどちらでも構わない」
という含みを持つもの。


出し手としては、対象者が「猫に小判」の存在であることを
長きに渡り感じれば、さすがにその行動からは手を引きます。

小判の価値をわかる人達、何よりそれを心底、必要としている
サインを示す人達に渡す方向へ動きます。


私の担当科目の一つである「コメディカル論」においては
昨今、「傾聴」について演習を実施しましたが、これはリアル上
のものとして、即今の世の中に合わせて、ネット上でのそれ
についても体系化する必要があるかもしれない、と思ったところ
でした。

関係者が集っている場としてのネット上でのノーリアクション
とは、リアル上でのコミュニケーション場面で言えば、
ノーアイコンタクト、ノーうなずき、ノーミラーアクション、
ノークエッションを意味と同じこと。



私が体系化するかどうかは未定なので、リアル上での
「傾聴」テクニックに応用を効かせて各自、実行してみて
欲しいと思います。


ひと頃から当ブログを訪問し始めたPTSの方々についても
所属する学校の別なく、レスポンス行動を待っています。

本気でReal セラピストを目指している学生さんならば
当「Real PT成会」メンバーとして承認です


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログへの想いの違い

ブログがテーマなので、更新頻度が高い方のハンドルネームで書きこみました。

時によってはノーリアクションを良しとしている私ですが(笑)そういうのは冗談や戯言に対しての話で、相手が本気でぶつかってくれば、何らかのリアクションはしたくなります。

私は、リアクションを期待しません。
その代わり「どういうことを書いたら、読みたくなるだろうか?」という視点でブログは綴っています。
どうしても言いたいことがあれば、何か言ってくるだろう、と思っています。

このブログとは目的が違うでしょうから、書き方も違います。
そんな違いを、PTSの皆さんが感じてくれたら面白いなぁ、と思います。

Re: ブログへの想いの違い

自称(?)、PTSの為のポータルブログを標榜している
当ブログであるだけに、本会PTSメンバーには、
リンクしているLiko先生も含めて、各コンセプトに
基づく関係者皆さんのブログから一つでも多く
学ぶことを期待しています。
プロフィール

亮然

Author:亮然
ここに集う各自が、Realセラピストとして、現場でクライアントの為に貢献すること、ひいてはよりよい生き方の実現に向けて、共に智恵を分かち合う場を主宰しています。

『Real PT』定義
クライアント、職場、社会から認められる プロフェショナル理学療法士。 その進化発展過程は相互礼拝、相互扶助、自利利他円満 の精神に基づく。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。